糖質制限してるのに痩せないのはなぜ?成功する人の違いとは

      2016/09/25

%e7%b3%96%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%90%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%ab%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c

糖質を摂らなければ、誰でも簡単に痩せられると思っていませんか?

実は、糖質を全然食べていないのに、全然痩せないという人が、結構いるんですね。

スーパー糖質制限してるのに、むしろ太ってしまったという人も・・・

糖質制限の盲点とは?

糖尿病専門医の佐藤さんに聞いてみました。

お酒はいくら飲んでもOK?

糖質制限ダイエットしてるのに太ってしまう人がいますが、なんででしょうか?

「糖質は食べてないけど、お酒はたくさん飲んでるっていう人がいますが・・・。

実は、糖質が含まれているお酒はもちろん、糖質オフのお酒もNGなんですね。

アルコールって、脂肪の分解を邪魔してしまうんですよ。

せっかく、糖質制限して体脂肪が燃えやすい状態にしても、アルコールが台無しにしてしまうんです。

一部では勘違いして、『お酒はいくら飲んでも太らない』なんていう人がいますけどね。」

糖質ゼロでも、アルコールはだめなんだぁ。

なら、逆に食べたほうがいいものってあるんでしょうか。

糖質制限でたくさん食べるべきものは?

「NHKの某人気番組でも言ってたので、知っている人も多いと思いますが・・・

タンパク質は、しっかりとって欲しいですね。

実は、糖質制限すると筋肉が衰えやすいんですよ。

エネルギー源としての糖質が少ないと、体脂肪をエネルギー源として消費するんですが・・・

同時に、筋肉のタンパク質もエネルギー源として消費されてしまうんです。

筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が下がって、痩せづらく太りやすい体質になってしまうんですね。

ですから、糖質制限するときには、筋肉の材料であるタンパク質もしっかりとる必要があるんですよ。」

糖質を減らす代わりに、お肉やお魚、大豆製品なんかをたっぷりとらなきゃだめなんだね。

糖質を減らすだけで、お肉とか今まで通りの量しかとらない人がいるけど、そういうのは逆に痩せづらくなってしまうんですね。

筋肉をつけるには

「実は、タンパク質をとるだけではだめで・・・

筋トレもちゃんとやらないと、筋肉はつかないんです。

材料があっても、必要がないと作られませんよね。

筋肉をつけるには、筋肉を傷めつけて修復させるという過程が必要なんですよ。

筋トレすると、筋繊維が傷つくんです。

傷ついた筋肉が修復されるとき、筋肉がもとより太く大きくなる。

もとより大きく回復するんで、これを『超回復』っていうんですけどね。

筋トレしてタンパク質をとることで、はじめて超回復するんです。」

ああ、それ知ってる。

超回復させるには、筋トレした後1日~2日くらい休ませた方がいいんですよね。

でも、筋肉をつけるだけで本当に痩せやすくなるんですか?

有酸素運動しないともったいない

「筋肉を落とさないようにするだけでも、基礎代謝が下がらないので痩せづらい体質にならないで済むんですけど・・・

せっかく筋トレするなら、有酸素運動もやったほうが断然効果的ですね。

実は、筋トレすると体脂肪が燃焼しやすい状態になるんですよ。

筋トレすると、体脂肪が分解されて使いやすい状態になるんです。

すると、分解された体脂肪は血液に乗って、全身に運ばれるんですね。

そのとき、有酸素運動すると・・・

有酸素運動では、普通、糖質をエネルギー源として消費するんですが・・・

筋トレすると、糖質の代わりに分解された体脂肪が消費されるんですね。

筋トレしても、有酸素運動しないで分解された脂肪が使われないと、また体脂肪に戻ってしまいます。

ですから、筋トレしたら有酸素運動しないと勿体ないんですよ。」

筋トレ、有酸素運動、タンパク質。

この3つが糖質制限で痩せるためのポイントなんですね。

 

 - 痩せ体質になる