糖質制限で体脂肪率が増えた!?脂肪を燃焼させるなら糖質より○○を減らせ

      2016/09/22

糖質制限では体脂肪は減らないの
糖質制限してたら、逆に太ったという人が増えています。

あなたは、糖質制限で体脂肪が落ちると誤解していないでしょうか。

実は、糖質制限には脂肪燃焼効果がほとんどないことがわかっているんです。

脂肪を燃やすには、どうすればいいんでしょうか。

肥満予防健康管理士 の山田さんに聞いてみました。

体脂肪はちゃんと減っていますか?

「糖質制限をすると、たしかに体重が減るんですが・・・

実は、体脂肪はほとんど減っていないことが多いんですね。

多くの人は、体重ばかり気にして体脂肪率はあまり気にしていないんですよ。

だから、気づいていない人も多いんです。

むしろ、体脂肪率が増えていたりして、びっくりすると思いますよ。」

体脂肪率って、

$$(体脂肪率)=\frac{(体脂肪の量)}{(体重)}$$

だから、体脂肪が減らないで体重が減ると、体脂肪率が増えてしまうんだよね。

つまり、体脂肪率が増えたってことは、脂肪以外の「何か」が減って体重が減少したってこと。

糖質制限で何が減ったのか

「じゃあ、何が減って体重が落ちたのか。

ひとつは、水分なんですね。

糖質っていうのは、体内で水と結びつきやすい性質があるんですよ。

つまり、体内に水分をためこみやすいってこと。

糖質をとるのをやめると、体内に水分を保持できなくなって、尿として出ていくんです。」

つまり、糖質制限するとむくみが取れるってことなんですね。

でも、それだけじゃ大して体重が減らないと思うんだけど。

糖質制限すると衰えていく

「もう一つは、タンパク質ですね。

人間は、糖質をエネルギー源として活用しています。

ですから、糖質をとらなくなると、代わりのエネルギー源が必要となるんです。

有望なエネルギー源として、体脂肪がありますが・・・

体脂肪っていうのは、そのままでは使われづらい状態なんですね。

そこで、もっと使われやすいエネルギー源としてタンパク質、つまり筋肉が使われるんですよ。」

つまり、糖質制限で体重が減ったのは、筋肉が落ちたからなんですね。

筋肉が衰えると痩せづらくなります。

では、体脂肪率を下げるにはどうしたらいいんでしょうか?

体脂肪を減らすには

「体脂肪を減らしたいなら、糖質を制限するより、脂肪分を制限したほうが効果的だという研究結果があるんですよ。

実は、脂肪分を減らした食事をしても、体重はあまり減少しないんですね。

だから、糖質制限のように注目されてこなかったんですが・・・

食事で脂肪分を制限すると、体脂肪が減少しやすいんですよ。

つまり、筋肉量を減少させないで、脂肪だけを減らすことができるんです。」

なるほど、体重ばかり気にしていたけど、本当に気にすべきだったのは体脂肪だったんですね。

体重ばかり気にして、筋肉を落としてしまうと、痩せづらい体になってリバウンドしやすくなります。

糖質制限がリバウンドしやすいとよくいわれるのは、そういう原因もあるんですね。

 

 

 

 

 

 - 脂質制限