糖質オフダイエットで体重が減る人と減らない人とではここが違う

      2016/09/22

%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a7%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c

糖質制限ダイエットをしているのに、体重が減らない・・・。

みんな糖質制限でどんどん痩せているのに、なぜ私だけ・・・。

そんなあなたが陥っている問題点とは?

効率的に痩せる方法とは?

健康運動指導士の山本さんに聞いてみました。

糖質制限ダイエットで痩せない原因

糖質制限しても痩せない人は、何が悪いんでしょうか?

「糖質オフしても痩せない人は、基礎代謝量が低い場合が多いですね。

基礎代謝っていうのは、運動など何もしなくても、自然に消費されるカロリーのことです。

内臓や脳など、寝ていても活動していますよね。

基礎代謝量が高い人は、内臓や脳が活発に働いている人なんですよ。

基礎代謝量が高い人は太りづらい体質なのに対し、基礎代謝量が低い人はなかなか痩せることができないんです。」

基礎代謝量で、何もしなくても痩せてる人と、何をやっても痩せない人との差が出てくるんですね。

では、どうしたら基礎代謝量を増やすことができるんですか?

痩せる体質になるためにやるべきこと

「何もしていないときに働いているのは、内臓や脳だけじゃないんですよ。

筋肉も働いているんです。

実は、寝ているときも筋肉は働いているんですね。

そして、筋肉量が多いほど、筋肉を動かしたときに消費されるカロリーは大きくなるんです。

内臓や脳の代謝をアップさせるのは難しいですが、筋肉は筋肉量を増やせば、比較的簡単に代謝量をアップさせることができるんですよ。

ですから、基礎代謝量を上げたいなら筋肉をつけることが一番の近道なんです。」

筋肉をつければ、痩せやすい体質になれるワケなんですね。

それなら、筋トレしてタンパク質をとればいいんですか?

痩せやすいカラダになるために食べるべきものとは

「筋肉量を増やしたいなら、筋トレして、タンパク質をたっぷりとることですね。

でも、より効率的に筋肉を付ける方法があるんですよ。

それは、糖質をとることなんです。

筋トレしたあと、タンパク質と糖質をいっしょにとると、タンパク質だけとった場合の2倍効率よく筋肉量が増えることがわかっているんですよ。

例えば、スクワットを30回やったあと、牛乳500㎖とバナナ数本を食べると、効率的に筋肉を付けることができます。」

え?ちょっと待ってよ!

私、糖質制限してるんですけど・・・。

糖質制限で体脂肪が減っていない!?

「実は、糖質制限ダイエットをすると筋肉がどんどん落ちてしまうんですよ。

糖質は、体や脳を動かすためのエネルギー源ですが・・・

糖質オフでエネルギー源が不足すると、代わりのエネルギー源が必要になりますよね。

糖質制限ダイエット信仰者は、体脂肪がエネルギー源として使われるようになるから、痩せることができると誤解しているようですが・・・

最新の研究では、糖質制限では体脂肪があまり減らないことがわかっているんです。

その代わり、筋肉量が減っていることもわかっているんですね。

つまり、筋肉のタンパク質が、糖質の代わりのエネルギー源として使われてしまっているんですよ。

糖質オフで体重が減るのは、体脂肪が減っているのではなく筋肉が減っているんです。」

つまり、糖質制限を続けていると筋肉量がどんどん減って、どんどん痩せづらい体質になっていくということなんですね。

糖質制限ダイエットはリバウンドしやすいってよく言われますけど、そういうことが原因だったんですね。

では、どういうダイエット法が効果的なんでしょうか。

糖質制限ダイエットよりも痩せやすいんです。

「糖質をとると、確かに体脂肪が付きやすいんですよ。

それは、糖質をとると血糖値が上がって、肥満ホルモンのインスリンがたくさん分泌されるためなんです。

ですが、血糖値の上昇がゆっくりだと、インスリンの分泌が抑えられて体脂肪が付きづらいことがわかっているんですね。

つまり、糖質をとっても血糖値が緩やかに上がるようにすれば、太らないんですよ。

糖質をとることで筋肉も付きやすいですから、糖質制限をするよりも痩せやすいんです。」

なるほど、痩せるためには糖質もしっかりとった方がいいんですね。

では、血糖値の急上昇を抑えるには、どうすればいいんですか?

こんなに食べないと痩せません。

「一番簡単な方法は、食物繊維をとること。

厚生労働省が設定した1日の食物繊維摂取量の目標値は、だいたい20gですね。

つまり、1食あたり6~7gです。

これは、食物繊維が豊富なエノキダケでも、毎食1パック食べないといけない量。

普通の食事だけでこれだけの量をとるのは、難しいと思いますね。

実際、日本人の食物繊維摂取量は、目標値の半分程度でしかないんですよ。」

なんか、ものすごい量ですね。

でも、食物繊維がたくさん入っている健康サポート食品もあるので、うまく活用するとよさそうです。

例えば、ゴボウなどの食物繊維を粉末状にしたものがあるので、それを味噌汁や煮物に混ぜるなどして摂取するといいかも。



 

 

 

 

 - 痩せ体質になる, 糖質スローオン