糖質制限ダイエットが成功しやすいのはなぜ?痩せるしくみと最新の研究からわかった真実

      2016/11/02

糖質制限すると痩せるのはなぜ
糖質制限ダイエットは、簡単に痩せられるって人気ですよね。

でも、なんで簡単に痩せられるんでしょうか。

糖質制限で痩せるしくみは?

糖質制限ダイエットを成功させるコツは?

糖尿病専門医の佐藤さんに聞いてみました。

糖質を食べると太るしくみ

糖質で太ってしまうしくみを教えてください。

「糖質制限っていうのは、ご飯やパン、麺類を食べる量を減らす、あるいは全く食べないダイエット法です。

ご飯の主成分である糖質は、消化されてブドウ糖になりますよね。

ブドウ糖は体内に吸収されて、血液に乗って体中を巡ります。

ブドウ糖は、体を動かしたり脳を働かせるときのエネルギー源として利用されますが・・・

炭水化物をとりすぎてブドウ糖が増えすぎてしまうと、余ったブドウ糖は中性脂肪にされて、皮下脂肪や内臓脂肪といった体脂肪になってしまうんです。」

つまり、糖質をとりすぎると太ってしまうから、食べる量を減らしましょう、というのが糖質制限ダイエットなんですね。

では、脂肪分を減らす場合と、どっちが効果的に体重を落とすことができるんでしょうか?

糖質制限は簡単?

「実は、脂肪分も糖質と同じくらい体脂肪になりやすいということが、最新の研究からわかっているんです。

同じカロリー制限をした場合、糖質による制限でも、脂肪分による制限でも、体重の減り方は変わらなかったというんですね。

でも、糖質制限だと簡単に痩せられるというイメージはないでしょうか?

それは、糖質カットが脂肪分カットよりも簡単にできるからなんです。

糖質制限は、主食や甘いものを食べる量を少なくすれば、簡単にカロリーカットできますが、脂肪分は結構大変なんですよ。」

確かに、糖質制限はご飯やパンを食べるのを少なくすればいいだけですから、何も考えずにできますよね。

だけど、脂肪分のカットが大変ってどういうことですか?

脂肪分カットは難しく非効率?

「脂肪分だけカットするって、なかなか難しいんです。

肉とか魚とか、まったく食べないわけにはいかないし、炒め物もダメということになると、かなり食べるものが限られてしまう。

それに、そもそもの摂取カロリーが違うんですね。

糖質は、全カロリー摂取量の6割~8割をしめているんです。

ところが、脂肪分は2割~せいぜい3割程度なんですよ。」

なるほど、糖質の摂取量を半分にするだけで、脂肪分を全カットするよりも効果的なカロリー制限ができるんですね。

しかも、脂肪分を全カットってかなり難しいけど、糖質を半分カットするのは簡単です。

このように簡単な糖質制限ですが、成功させるコツのようなものはあるんでしょうか?

 糖質制限の効果を最大限にする

「主食を食べる量を少なくすれば、摂取カロリーを大幅に減らすことができますが、それだけでは不十分です。

実は、炭水化物を食べると、血糖値が急上昇してしまうんですね。

血糖値の急上昇は、糖尿病の原因となるほか、体脂肪を増やしてしまう原因にもなるんですよ。

ですから、血糖値が緩やかに上がるような食事法をしないと、糖質制限の効果が思ったように出ないんですね。

このように、血糖値がゆっくり上がるような食べ方を、糖質スローオンというんです。」

なるほど、糖質を制限するだけでは痩せることができないんだ。

健康的で効率的に痩せるためには、糖質スローオンの考え方を取り入れるべきなんですね。



 

 - 糖質スローオン