糖質制限で便秘に?便通が良くなる食べ物は?

      2016/10/18

糖質制限すると便秘になるの

糖質制限していると、便秘になることがよくあります。

便秘になっても、放っておく人が多いようですが・・・

実は、便秘を放置していると、命の危険性のある病気になることもあるんですよ。

糖質制限すると、どうして便秘になるんでしょうか。

便秘を改善する食べ物は?

消化器内科医の田中さんに聞いてみました。

なぜ糖質制限で便秘になるのか

糖質制限と便秘って関係があるんですか?

「ある調査では、糖質制限を行った人の、実に3人に2人が、便秘になったとのことです。

糖質制限では、ご飯などを食べないようにしますが・・・

お茶碗一杯のご飯には、約0.5gの食物繊維が含まれているんですよ。

食物繊維は、ご存知のとおり便通を良くしてくれます。

ご飯に含まれる食物繊維は、たいした量ではないんですけど・・・

主食をたくさん食べることで、便の量が多くなり、便通がよくなるんですね。

また、とくにケトジェニックダイエットを行っている人は、食事のメインが穀物から肉や脂肪分に変わります。

すると、腸内環境が悪くなって便秘しやすくなってしまうんですね。」

なるほど、では、ご飯にかわる食物繊維を、ご飯のかわりにたくさんとればいいというわけですね。

糖質制限ダイエットで便秘にならないためにとりたい食品

「そういうことです。

おススメは、ゴボウ、モロヘイヤ、オクラ、納豆、きのこ類などですね。

これらの食べ物には、特に水溶性食物繊維が多く含まれているんですよ。

水溶性食物繊維は、おなかの中で糖質の消化をゆっくりにしてくれるんです。

実は、糖質の消化が遅いと、血糖値の上昇も緩やかになるので・・・

肥満ホルモンのインスリンの分泌量が抑えられるんです。

つまり、食物繊維を食べることで体脂肪が付きづらくなるってことなんですよ。」

水溶性食物繊維をとれば、便秘が改善されて、その上肥満解消にも役立つんだね。

じゃあ、どれくらい食物繊維をとればいいんでしょうか。

食物繊維が足りてない?

「食物繊維の推奨摂取量は、1日あたり約20g

ですから、1食あたり6g以上はとりたいですね。

納豆だったら、1食で2パックくらい。

えのきだったら、1パックくらいになります。

これを毎日、毎食食べ続けるのはちょっと大変かもしれませんね。

現代の日本人の多くは、食物繊維が全く足りていないといわれています。」

食物繊維を、普通の食事から十分にとるのって、難しそう・・・。

サプリなどを利用して、うまく補う必要があるようです。

 

 

 

 

 

 - 糖質スローオン, 腸活ダイエット