体脂肪が減らない!?体重は減ってるのに体脂肪率が変わらない謎と対処法

      2016/09/22

体重は減っているのに体脂肪率が落ちない

体重は順調に落ちているのに、なぜか体脂肪がまったく減少しない。

実はそれ、すごくヤバイ状態なんです。

そんなダイエット法を続けていると、どんどん痩せられなくなっていくことも・・・

体脂肪を落とすにはどうすればいいんでしょうか。

スポーツインストラクターの伊藤さんに聞いてみました。

体脂肪が減ってないなら何が減っているの?

体脂肪が減っていないのに体重が減っているってことは、いったい何が減っているんでしょうか。

「人間は、生きていくのにエネルギーを必要としています。

つまり、燃料が必要なんですね。

ダイエットをすると、食事で取り込むカロリーが減るので・・・

燃料の不足分として、体脂肪が燃料として使われて、体脂肪が減る。

そのため、痩せることができるんですが・・・

間違ったダイエット法をしていると、体脂肪ではなく筋肉のタンパク質が燃料として使われてしまうんですよ。

体重が減っているのに、体脂肪が減少しないというのは、つまり筋肉が衰えているだけで、脂肪はそのままってことですね。」

体重が落ちた!って喜んでいたら、実は筋肉が減っただけだったなんて、なんか怖いですね。

筋肉量が減少すると、どのような問題があるんですか?

体脂肪が落ちないダイエットで痩せづらい体に

「筋肉が少なくなると、持久力が低下して、すぐに疲れやすくなってしまうんですよ。

また、良い姿勢を保てなくなるので、姿勢が悪くなってスタイルが悪くなってしまいます。

猫背でお腹が出てしまうんですね。

それから、代謝も悪くなるんですよ。

代謝量、つまりカロリー消費量は筋肉量が多いほど増えるので・・・

筋肉が衰えてしまうと、痩せづらい体質になってしまうんですね。」

ダイエットしてたら痩せづらい体質になってしまったなんて、なんとも皮肉です。

では、どうすれば筋肉を落とさずにダイエットできるんでしょうか?

ダイエット中でも食べたい栄養分とは

「ダイエットの間違いとして、まずよくあるのが、タンパク質摂取量を減らしてしまうということ。

お肉は脂肪分が多いからと、避ける人がいますが・・・

タンパク質を食べないと、筋肉がどんどん落ちちゃいますね。

お肉の脂が気になるなら、魚や大豆で補うべきです。

ダイエット中は、ただでさえ筋肉が減りやすいんですから・・・

意識してタンパク質をとるように心掛けた方がいいですね。」

なるほど、糖質や脂肪分は減らしても、タンパク質は減らしたらまずいんだね。

筋肉量を減少させないようにするのはわかったけど、体脂肪を減らすにはどうすればいいんでしょうか?

体脂肪を落とすのに必要なことは?

「体脂肪は、食事だけではなかなか落ちないんです。

やっぱり、運動が必要。

脂肪を燃やしたいなら、有酸素運動ですね。

ウォーキングやジョギング、水泳などが効果的ですよ。

体脂肪を落とすには、20分以上継続して有酸素運動することが必要です。」

やっぱり、運動が必要なんだね。

ウォーキングなら、通勤や通学の時に工夫すれば、毎日欠かさずやれそうだ。

体脂肪の燃焼効率をよくするには

「体脂肪は、そのままの状態では体を動かす燃料として使うことができません。

ですが、有酸素運動を20分続けることで、燃料として使えるような状態に分解されるんですね。

実は、体脂肪を分解させるには、なにも有酸素運動をする必要はありません。

筋トレを行うことでも、体脂肪を分解させることができるんですね。

ゆったりとしたスクワットを10分程度行っておけば、有酸素運動で最初から脂肪が燃焼しますよ。」

スクワットすると、太ももの裏側のハムストリングスという筋肉が鍛えられるらしいんですけど・・・

ハムストリングスを鍛えると、美脚になれるんですよね。

脂肪も落ちるし、筋トレするといいことばかりなんですね。

 

 

 

 

 

 - 痩せ体質になる