生理前の過食をやめたい!食欲が異常に増加するワケと対策

      2016/09/22

生理前の過食をやめるには

生理前にドカ食いしてしまって、自己嫌悪に陥っていませんか?

実は、それはあなたが悪いんじゃないんですね。

でも、過食を放っておくと、肥満になったり逆に拒食症になる危険性が・・・。

過剰な食欲を抑えるには、どうすればいいんでしょうか。

肥満予防健康管理士の山田さんに聞いてみました。

生理前になると食欲が止まらなくなるワケ

なぜ、生理前になると食欲が抑えられなくなるんでしょうか?

「排卵直後から生理前には、プロゲステロンというホルモンが分泌される量が、すごく増えるんですね。

プロゲステロンっていうのは、受精卵が子宮に着床しやすくするようにはたらくホルモンで、卵巣の黄体というところから分泌されます。

黄体からは、エストロゲンというホルモンも分泌されます。

エストロゲンは、卵胞の成長を助けるホルモンですが・・・

エストロゲンとプロゲステロンとは、同じ材料から作られるんですね。

ですから、生理前にプロゲステロンが増えるということは、エストロゲンが減るということなんです。

実は、エストロゲンが減ると、セロトニンというホルモンも減ることがわかっているんですよ。」

つまり、生理前になるとセロトニンが減るというワケですね。

だけど、セロトニンと食欲には、どんな関係があるんですか?

セロトニンが減ると過食しやすくなる

「セロトニンっていうのは、メンタルの安定性を保つ働きがあるので・・・

セロトニンが減ってしまうと、不安やうつな気持ちが強くなってしまうんですね。

ですから、生理前になると、イライラしたり憂鬱な気分になったりしやすいんですよ。

精神的に不安定になると、ストレスを感じやすくなりますから・・・

生理前になると、ストレスを解消しようとして、過食に陥る女性が多いんですね。」

なるほど、更年期障害と似たような感じなんだね。

でも、なんでストレス解消で過食してしまうんですか?

糖質依存症と過食

「実は、食べること、特に甘いものには、セロトニンを増やす効果があるんですね。

ですから、食べるとメンタルが安定するので、食べることがやめられなくなるんですよ。

一種の依存症といってもいいでしょう。

また、食べ物による精神安定の効果は、食べているときしか効果がないので・・・

リラックス効果を得るためには食べ続けなければならないんですね。

これが、過食症になる原因なんですよ。」

お酒やたばこ、覚せい剤のような依存症と同じとは、ちょっとショックです。

じゃあ、過食をやめるのって難しいんですか?

食欲を抑えることができてダイエットにもなる方法とは

「過食をやめるには、食べることをやめようとしたり、ストレスを解消しようとしたりするよりも、もっと根本的な原因を解消するのが、有効だと思います。

つまり、セロトニンを増やす努力をすることですね。

セロトニンを増やすには、規則性のある運動をするといいですよ。

規則性のあるっていうのは、言い換えると『一定のリズムのある運動』です。

例えば、ジョギングやウォーキングは、『1,2,1,2』という感じでリズミカルに長い時間続けることができるので、とっても効果的。

それから、日光を浴びることでもセロトニンを増やすことができるんですね。

ですから、例えば朝日を浴びながらジョギングやウォーキングをすることは、過食を抑えるのに取っても効果的なんですよ。

食べたくなったときも、間食しないでウォーキングすると、けっこう間食しないで済むと思います。」

なるほど、意外と簡単に解消できるんだなぁ。

だけど、朝からウォーキングなんてかったるいんですけど・・・。

ウォーキングは続けるのが大変?

「確かに・・・

よく言われるのは、

  • 雨や雪の日、寒い日や炎天下では、ウォーキングが憂鬱
  • 運動が苦手
  • そもそも、外出するのがかったるい

といった理由で『続かない』という人は多いですね。」

ウォーキングは、体脂肪燃焼やその他いろいろな健康効果がありますよね。

それで、過食も治せるなら、頑張るしかないんじゃないかな。


 

 

 

 

 

 - 食欲を抑える