緑茶にダイエット効果があるってホント?痩せる飲み方とは

      2016/09/27

緑茶のダイエット効果とは

緑茶には、ダイエット効果があるっていうけど、本当に効くんでしょうか。

ノンカロリーなだけでしょ?

いえいえ、緑茶にはいろんな痩せ効果があるんですよ。

緑茶のダイエット効果とは?

管理栄養士の高橋さんに聞いてみました。

緑茶は糖質太りを防いでくれる

緑茶なんかで痩せることができるんですか?

「緑茶には、痩せるために都合の良いいろんな効果があるんですよ。

痩せ効果があるのは、カテキンという成分。

カテキンは、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるんです。

糖質をとると太るってよく言われますよね。

糖質をとると、血糖値が急激に上がってしまい、肥満ホルモンと言われるインスリンをたくさん分泌してしまうんですよ。

インスリンは、糖質を中性脂肪にしてしまうんです。

だけど、緑茶を飲めば、血糖値の上がり方がゆっくりになるので、インスリンの分泌が抑えられて、糖質が中性脂肪になりづらいんですね。」

緑茶を飲めば、体脂肪が付きづらくなるんですね。

ところで、「カテキンで脂肪燃焼!」なんて宣伝をよく見るけど、体脂肪を燃やす効果はあるんですか?

緑茶に脂肪燃焼効果はあるの?

「いいえ。実は、カテキンには脂肪燃焼効果はありません。

でも、体脂肪を燃焼させるサポート的な効果はあるんですよ。

カテキンは、肝臓に働きかけて、体脂肪を分解する酵素をいっぱい出させるんです。

実は、体脂肪はそのままの状態ではエネルギー源として使えないんですよ。

だけど、分解された体脂肪は、エネルギー源としてとっても使いやすい状態なんです。

つまり、カテキンは体脂肪を燃焼させやすい状態にしてくれるんですね。」

つまり、お茶を飲んでから運動すれば、体脂肪がジャンジャン燃えるってことですね。

緑茶を飲んだらすべきこととは?

「緑茶を飲んで脂肪が燃焼しやすい状態になったら、運動することです。

特に、脂肪を燃焼させる効果が高い有酸素運動をすると、とっても効果的。

ちなみに、お茶を飲んだだけで運動しないと、分解された脂肪はまた体脂肪に戻ってしまうんです。

お茶を飲んだだけでは、脂肪燃焼効果はないんですよ。」

お茶を飲んでから、ウォーキングやジョギングをすると良さそうです。

緑茶は脂肪太りも防いでくれる

「カテキンには、まだすごいダイエット効果があるんですよ。

実は、カテキンは脂肪分の吸収を抑えてくれる働きもあるんです。

食べた脂肪分は、お腹の中でリパーゼという消化酵素で分解されて、体に吸収されるんですね。

カテキンは、そのリパーゼの働きを邪魔するんです。

つまり、食べた脂肪分を分解させないようにしてくれるんですね。

分解されなかった脂肪分は体に吸収されませんから、その分の脂肪分は食べなかったことになるんですよ。」

すごい!カテキンって万能じゃないですか。

カテキンには、死角はないんですか?

緑茶の弱点

「実は、お茶を飲んでも、カテキンはほとんど体内に吸収されなかった、という研究結果もあるんですよ。

カテキンは、とっても吸収が悪いんです。

ですから、体脂肪の分解効果はあまり期待できないんですね。

また、緑茶には利尿作用や覚醒作用がありますから、睡眠を妨げたりすることがあります。

睡眠中の中途覚醒や、早朝覚醒の原因にもなりますので、午後の摂取や飲みすぎには注意したほうがいいですよ。」

実は、私も緑茶は大好きでよく飲むんですが・・・

いまいち効果を感じられないんですよね。

カテキンにはすごい効果があるのに、なんだかもったいないですね。


 

 

 - 糖質スローオン, 脂質制限