お腹の脂肪を落とすには?内臓脂肪を減らすために行うべき5つのこと

      2016/09/22

お腹の脂肪を落とすには

お腹の脂肪がなかなかなくならないと、悩んでいませんか?

実は、ポイントを押さえれば、意外と簡単に落ちちゃうんです。

ポッコリお腹は、みっともないだけでなく、放って置くと死亡リスクが何倍にも高まります。

しっかり対処して、スッキリ凹ませましょう。

管理栄養士の高橋さんに聞いてみました。

ぽっこりお腹の正体とは

なんでお腹って太りやすいんですか?

「お腹だけポッコリと出てしまうのは、内臓脂肪のせいなんですね。

お腹は骨で覆われていないので、内蔵に脂肪がたまるとポッコリと外に出てきてしまうんですよ。

ですから、ポッコリお腹を凹ますには、内臓脂肪を落とす必要があります。

と言っても、内臓脂肪も皮下脂肪も、落とし方にはそんなに違いはないんですね。

体脂肪を減らせば、内臓脂肪も皮下脂肪もダブルで減りますから、ポッコリお腹は意外と簡単に凹ませることができますよ。

これから説明する5つのことをしっかり実践すれば、必ずお腹痩せできます!」

お腹を凹ませるのが簡単!?

何やってもブヨブヨのままなんだけど・・・

お腹のお肉を落とすために必要な栄養分

「1つめは、タンパク質をとること。

ダイエットで食事制限していると、不足しやすい栄養分があるんですよ。

それが、タンパク質です。

ダイエットというと、真っ先にお肉を控える人がいますが・・・

タンパク質は、代謝が良くなるので積極的に食べるべきですよ。」

へぇ、お肉は食べていいんだね。

なんか、やる気出てきたよ。

お腹の脂肪を落とすための運動

「2つめは、体脂肪を燃やすこと。

体脂肪を燃やすのに、最も有効な方法は何だか知っていますか?

答えは、有酸素運動です。

有酸素運動っていうのは、息が切れない程度の軽いエクササイズを、持続的に行う運動ですね。

難しく言いましたが、ウォーキングやジョギングをやればいいんです。」

やっぱり、運動かぁ。

苦手だけど、シェイプアップには欠かせないよね。

体脂肪を落として便秘も解消してくれる食べ物

「3つめは、血糖値を急に上げるような食事をしないこと。

血糖値が急に上がるような食事をすると、食べた炭水化物などの糖質が、体脂肪になりやすいんですね。

せっかく有酸素運動で体脂肪を燃やしても、食事で増やしてしまったらもったいないですからね。

血糖値をなるべく上げないようにするには、食事の最初に食物繊維をとること。

食物繊維は、糖質の消化スピードを緩やかにしてくれるので、血糖値の上がり方も緩やかになるんです。

それに、食物繊維をとると便秘も改善するので、一石二鳥ですね。

毎食、最低でも6gの食物繊維をとるのが理想的ですね。」

食物繊維も、お腹痩せに効果があるんだね。

でも、6gの食物繊維というと、豊富に含まれている納豆でも、毎食2パック食べなければならず、かなり大変そうです。

ところで、糖質制限はしなくていいの?

お腹のお肉を落とすために避けたい食べ物

「糖質制限は、実はリバウンドしやすいんです。

それに、体脂肪を減らす効果は、あまりないと言われているんですね。

ですから、食物繊維をとるだけで十分なんですよ。

体脂肪を落としたいなら、むしろ脂肪分を制限した方が、実は効果的なんです。

低脂肪の食事に変えることで、体重は減少しなかったけど、体脂肪が劇的に減少した、という研究結果もあるんですよ。

これが、4つめですね。」

やっぱり、脂っぽいものは避けた方がいいんだね。

先ほど、タンパク質を食べろって話があったけど、できるだけ低脂肪なものを選んだ方が良さそうだ。

痩せやすい体質になるためにやるべきこと

「最後、5つ目は、筋トレをすること。

筋トレには、いくつかいい事があるんですよ。

まず、有酸素運動の脂肪燃焼効果がアップすること。

そしてもうひとつは、基礎代謝が上がること。

基礎代謝が上がると、痩せやすい体質になるんです。」

筋トレかぁ。

一番苦手なんだよなぁ。

でも、お腹痩せ効果が高いから、是非実践したいですね。




 

 

 

 

 

 - 痩せ体質になる, 糖質スローオン, 脂質制限