メック食(MEC食)に飽きてしまった・・・。ダイエット成功のカギは?

   

mec%e9%a3%9f%e3%81%ab%e9%a3%bd%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%8c%e3%81%b0

MEC食は、肉と卵とチーズだけ食べていればいいので簡単ですが・・・

毎日MECを食べ続けていると、すぐに飽きてしまうのが難点ですよね。

ストレスの多い食生活は、反動でリバウンドにつながることも。

飽きずにダイエットするにはどうすればいいんでしょうか。

MEC食を実践してみたけど

MEC食って、飽きやすいですよね。

私は、5日で挫折してやめました。

MEC食にすると、メニューの選択肢があまりないんですよ。

MEC食のポイントは、糖質をとらないこと。

ですから、小麦粉を使うシチュー系はNGなので、お肉はどうしても焼きものになりがちです。

焼き肉にしても、焼き肉のたれには糖分がたっぷり使われているので使えないし・・・。

結局、塩コショウするくらいしか思いつかないから、すぐにやんなっちゃいましたね・・・( ̄▽ ̄;)

チーズがとりづらい

チーズもMEC食を難しくしていると思う。

毎日120gというと、ベビーチーズ2本(8個)分になる。

1日だけならともかく、これを毎日っていうのはなかなかツライものがあるんですよ。

とりあえず、小腹がすいたときに間食として食べてたけど、8個はなかなか食べきれませんでした。

チーズって、料理に使う場合、グラタンとかピザとか、炭水化物といっしょなんですよね。

肉に乗っけて焼いてもいいけど、あまり量をとれないし、毎日だとやっぱり飽きる。

ほんと、チーズはとりづらい・・・。

なんで肉と卵とチーズなの?

なぜ、肉と卵とチーズなのか。

考案者の渡辺信幸先生によると、MECならタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルのすべてを満遍なくとることができるからだといいます。

それなら、チーズでなくても乳製品ならなんでもいいのでは?

牛乳やヨーグルトのほうが毎日とるには優れていると思うのだけど・・・。

それに、MEC食だとコレステロール値とかが高くなりそうで、なんか怖い気もするんですよね。

MEC食の危険性

MEC食に危険性はないんでしょうか?

管理栄養士の高橋さんに聞いてみました。

「○○ダイエットというふうに、何か一つのものを食べ続けて痩せる方法が、いつの時代にもなにかしら流行っていますけど・・・

偏った食事は、健康を害するばかりでなく、結局は太ってしまうんですね。

偏った食事をしていると、当然飽きます。

これは、MEC食に限ったことではないんですよ。

飽きてしまうと、挫折しやすい。

ダイエットをやめて元の食事に戻すと、リバウンドして体重が元に戻ってしまいますよね。

飽きやすい食事は、結局長続きせず、短期的にはダイエットに成功したとしても、長期的には何の意味もないんですよ。」

○○ダイエットを、一生続けられるか自問自答してみるといいって、聞いたことがあります。

例えば、「一生、炭水化物をとらないでいられるか」って想像してみて、無理だなって思ったら挫折するリスクが高いというわけ。

一時的に痩せることができても、ダイエットをやめればすぐにリバウンドしてしまいます。

では、どのようなダイエット法なら、一生続けることができるんでしょうか?

糖質をとっても太らない!?

「MEC食っていうのは、糖質をとらないでタンパク質と脂肪分をたくさんとるダイエット法です。

糖質は体脂肪になりやすいということで、最近糖質制限が流行っていますが・・・

実は、糖質も食べ方によっては体脂肪になりづらいことがわかっているんですよ。

もし、糖質が体脂肪になりづらいなら、無理して避ける必要はないですよね。

糖質をとらないと、便秘になったり筋肉が衰えてしまったりと、いいことはありませんから。」

糖質をとっても太らないなら、やっぱりご飯や麺類は食べたい。

でも、どのような食べ方をすれば太らないんでしょうか?

糖質を体脂肪にしない食べ方

「最近、ベジタブルファーストという食べ方が人気です。

野菜から食べると、血糖値が上がりづらく太りづらいんですね。

実は、食物繊維を食事の最初にとることで、後から食べた糖質の消化吸収のスピードが遅くなるんですよ。

消化吸収が緩やかになると、血糖値の上がり方も緩やかになるんです。

血液内のブドウ糖は、エネルギー源として使われるんですが・・・

急激に増えてしまうと、一時的に不要なブドウ糖がたくさん増えてしまうんですね。

このような不要なブドウ糖は、そのままにしておくと健康に深刻な悪影響があるので、中性脂肪にして体に蓄えられます。

これが体脂肪になるんですよ。

ですから、血糖値を急激に上げないようにすることが大切なんです。」

なるほど、糖質をとる前に食物繊維をとればいいんですね。

では、食物繊維はどれくらいとればいいんでしょうか?

どれくらい食べればいいの?

「厚生労働省の『食事摂取基準』によると、1日の目標量はだいたい20gとされています。

ところが、現代日本人はこの目標値の半分くらいしかとれていないのが現実。

それもそのはず、食物繊維20gというとレタス4玉分に相当する量なんですね。

ですから、通常の食事で充分な食物繊維をとるのは、難しいといえるでしょう。

サプリや栄養補助食品をうまく活用するのが、賢い方法かもしれません。」

レタス4玉って・・・

毎食1玉食べても足りないんですね・・・(´・ω・`)

食物繊維をとるのも、意外と大変だ。



 

 

 - 糖質スローオン