「顔を小さくする」BNLS注射は痛いですか?

      2016/07/03

注射って痛くないのかにゃ

顔の脂肪を溶かしだして、簡単に小顔になれると人気のBNLS注射。

注射といえば、痛いから嫌だという人も多いのでは?

注射の痛みはどれくらいなんでしょうか。

麻酔は?

体験者に聞いてみました。

 針を何回もぶすぶす刺さなくていい?

横田さん(22歳女性、仮名)は、マジックニードルという特別な針を使って、BNLS注射をしてもらったのだそうです。

「普通の針は、針先に穴が1つ開いていて、針先の方にまっすぐ注射液が飛びますよね。

マジックニードルという針は、針先の側面に8つの穴が開いていて、注射液が八方に飛ぶんですよ。

だから、1回の注射で、体内の広い範囲に注射液を行き渡らせることができるんです。

普通は細い針を何回もブスブスと刺さないと、広い範囲に薬液をいきわたらせることができないんですけど・・・。

マジックニードルなら、1回刺すだけなので、その分お肌へのダメージが少なくて済むんですね。

負担が少ないし、痛みは1回だけ。

注射の跡も一つしか残らないというメリットがあるんですよ。」

スプリンクラーみたいな感じかな。

でも、そうなると針が太かったりして、痛みがかえってひどいんじゃないの?

マジックニードルと普通の針との体感比較

「私は、1回目はマジックニードル、2回目は普通の針を使ってもらったんですね。

マジックニードルは、普通の針より太いので、グイグイとねじ込まれるような感じで刺されたんですよ。

刺す回数は確かに少なかったんですけど、けっこう痛かったです。

『やめて、もっと優しくして…』という感じ(笑)。

普通の針は、何回も打つのでうんざりするかなぁと思ったんですけどね。

チクチク感もあまりなくあっと言う間に終わっちゃいましたよ。

個人的には、普通の針の方がいいかなって思いました。」

やっぱり、マジックニードルは太くて痛いのか・・・。

でも、注射跡がいっぱい残るのがいやだったら、マジックニードルのほうがよさそうですね。

注射跡はすぐに消えるけど、翌日に仕事があったりすると、やっぱり気になるしね。

次は、麻酔について。

麻酔は必要?どんな麻酔があるの?

横田さんによると、

「私が行ったところでは、麻酔は、笑気、部分麻酔注射、クリームなどの選択肢がありましたね。

笑気麻酔は、手術なんかで使うガスによる全身麻酔です。

美容外科で使う笑気麻酔は低濃度なので安全ですよ、って言われました。

そのかわり、意識は残ったままで、ぼーっとした感じになるんですね。

部分麻酔注射は、歯医者なんかで使う注射の麻酔です。

麻酔の注射自体が痛いんですよね。

クリームによる部分麻酔もあるんですよ。

これは、皮膚の表面だけに麻酔がかかるので、注射にはいいですね。

ですが、私は麻酔なしでやってもらったんですよ。

マジックニードルは痛かったですが、普通の針は麻酔なしでもほとんど痛みを感じませんでした。」

BNLSの注射の痛みの感じ方は、人によって違うらしいので、あくまで参考程度に。

また、うまいお医者さんなら注射の痛みが少ないですが、下手くそなお医者さんだとすごく痛いなんてこともあるんですよね。

部位によっては激痛をともなうことも

注射による痛みは、刺す部位によってもかなり違います。

例えば、頬やあご下などはあまり痛みを感じない人が多い。

一方で、鼻などに打つ場合は、とても痛いので麻酔が必要ですね。

「感じやすい」ところに注射する場合は、それなりの覚悟が必要ですよ。

美容外科クリニックで行う事前のカウンセリングで、詳しく聞いてから決めたほうがいいです。

「痛くない」上手なお医者さんを選ぼう

注射について、美容外科医の佐藤さんに聞いてみました。

「注射は、予防接種などでみなさん体験済みだとは思います。

上手に刺してくれて、痛みをほとんど感じさせない人がいる一方で・・・。

下手くそですっごく痛くする人もいますよね。

BNLS注射もいっしょで、下手くそなヤブ医者がやるとすごく痛いけど、上手い人がやると同じ注射でもまったく痛くないんですよ。

注射の扱いのうまい下手は、熟練度、つまりどれだけ経験しているかによるところが大きい。

実は、BNLSの注射にはかなり高いテクニックが必要なんですね。

注入する位置取り、針の差し方、注入の仕方など、高度な技術が必要なんですよ。

この技術の違いによって、注射のときの痛み、注射のあとの腫れ具合、注射の効果などが全く違ってくるんです。

これらをすべて完璧にできる医師は、なかなかいませんね。

ですから、信頼できて、経験の多い、腕のいいドクターがいるクリニック選びをするのが大切なんですよ。」

BNLS注射も、うまい先生にやってもらうと全然違うんですね。

業界では価格競争が激しいけど、お医者さんで選んだほうが賢いようです。

 - 小顔になる