間食していないのにどうして痩せないの?実はおやつがダイエットにいいワケ

      2016/11/03

%e9%96%93%e9%a3%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e6%96%b9%e3%81%8c%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%82%8b

朝昼晩以外には食べ物を口にしていないのに、ダイエットの効果がなかなか出ない。

そんな風に悩んでいませんか?

でも、実は、間食をしたほうが体脂肪を落とせるという研究結果があるんですよ。

なぜ、「おやつ」を食べて痩せることができるんでしょうか?

管理栄養士の高橋さんに聞いてみました。

間食した人としなかった人、どっちが痩せてる?

間食が肥満につながるのは、常識だと思うんですが・・・?

「1日3食以外何も食べない人と、食事の間に軽く食べ物を口にする人。

いったい、どちらが太るのか、という研究があります。

その調査結果によると、なんと間食した人の方が、1日にとった総カロリー量が少なかったのだそうです。

また、別の報告では、1日3回以下の食事回数の人よりも、6回以上食べた人の方が、BMI値が低かったそうです。

つまり、おやつをガマンした人の方が、食べてしまった人よりも太っているということなんですね。」

そんな馬鹿な!

1日6食の人の方が痩せているなんて・・・

理由はわかっているんですか?

間食しないと体脂肪が増える⁉

「実は、空腹状態で食べ物をとると、血糖値が急激に上がってしまうんです。

つまり、体をめぐるブドウ糖が一時的にあふれかえってしまうんですね。

ブドウ糖は、身体を動かしたり脳をはたらかせるための燃料ですが・・・

ブドウ糖があふれると、余ってしまった分は中性脂肪にされてしまうんですよ。

中性脂肪は、一部エネルギー源として使われるんですが、ほとんどは皮下脂肪や内臓脂肪としてためこまれてしまうんです。

つまり、血糖値が急に上がると、体脂肪が増えてしまうというワケなんですね。」

つまり、間食しないでおなかぺこぺこの状態で食事すると、太りやすいってことなんですね。

でも、研究結果にあったように、食事でとった1日の総カロリーが、食事回数を多くした方が少なくなるのは、どうしてなんですか?

おなかぺこぺこで食事するとカロリーオーバーになりやすい理由

「お腹がすごくすいてて急いでたくさん食べてしまった。

あなたはそんな経験がありませんか?

空腹状態での食事は、ドカ食いになりやすいんですよ。

だから、小腹が減ったらこまめに間食するというスタイルの方が、結果的に食べる量が少なくて済むんです。

もちろん、おやつを食べ過ぎたり、3度の食事でたくさん食べてしまっては、だめですけどね。

間食は控えめに、3度の食事もゆっくり食べて、腹八分目を心がけることが大切なんですよ。」

たしかに、腹ペコだとガツガツ食べちゃう。

急いで食べるから、食べる量も多くないと満足できないんですよね。

ところで、間食は何を食べるといいんでしょうか?

おススメの間食は?

「間食は、やはり甘いものは避けたほうがいいでしょう。

砂糖果糖は、血糖値を急上昇させてしまいます。

さきほども言いましたが、血糖値が急に上がるような食事は、肥満のもとですから。

私のおススメは、ヨーグルトですね。

カロリーが低くって、糖質も少なく、タンパク質も豊富。

あとは、ナッツ類もおススメですよ。」

やはり間食は、糖質が少ないものがよさそうだ。

では、最後に、3度の食事で気を付けるべきことはありますか?

3度の食事で心がけるべきこと

「何度も言いますが、血糖値が急上昇するような食事法は避けるべきです。

最近、糖質制限が流行っていますが、実は体脂肪っていうのは、糖質がないと燃えないんですね。

それに、過激な糖質オフは、健康上の問題も指摘されています。

糖質をとらない食事法は、たしかに血糖値が上がりにくいんですが、ダイエット法として私はおススメしません。

体脂肪を無駄なく燃焼させるには、糖質スローオンのように、糖質をとりつつ血糖値を激しく上昇させないような食事法が理想的ですね。」

血糖値が急激に上がらなければ、糖質をがまんしなくても痩せられるんですね。

間食もしたほうがいいということだし、今まで苦労して糖質やおやつをガマンしてきたのがバカみたいです。

 

 

 - 糖質スローオン