下半身太りの原因は?スリム脚になりたい人がやるべき3つのこと

      2016/09/22

スリム脚になるには

下半身太りってカッコ悪いですよね。

夏になっても、露出したファッションを楽しめないし・・・

実は、下半身太りは生活習慣をかえることで、劇的に改善するんですよ。

脚やお尻を細くするために、改善すべき3つの習慣とは?

循環器内科専門医の渡辺さんに聞いてみました。

下半身太りの原因は『水』

特に女性は、下半身太りになりやすいですが、どうしてなんでしょう?

「下半身太りの原因は、『むくみ』。

人間は、二本足で立っていますから、重力で水分が下半身にたまりやすいんですね。

この水分を、うまく排水できない状態が『むくみ』なんですよ。

水がたまってしまうと、道路が渋滞しているのと同じで、細胞への栄養分の運び入れや、老廃物の運び出しが滞ってしまうんです。

そうなってしまうと代謝が悪くなってしまうので、どんどん太ってしまうんですよ。

特に女性は生理があるので、ホルモンがアンバランスになることでむくみやすいんです。」

むくむと、太りやすくなってしまうんですね。

じゃあ、むくみを改善すれば「下半身痩せ」できるんでしょうか?

下半身痩せのために控えたほうがいい食べ物

「その通りですね。

むくみを改善するのに、まず気を付けたいのが『塩分』のとりすぎです。

人間の体っていうのは、一定の塩分濃度が保たれていないといけないんですが・・・

塩分をとりすぎてしまうと、体内の塩分濃度を一定に保つために、水分をたくさん蓄えなければいけなくなってしまうんですね。

だから、むくみやすくなってしまう。

理想的には、塩分は1日6g以下に抑えるようにしたいです。」

ラーメン1杯の塩分は、4~7gくらい。

1日6gって、かなり気を付けていないと、簡単に超えてしまいますよね。

下半身痩せに効果がある食べ物

「とりすぎた塩分は、カリウムをとることで排出することができます。

カリウムは、納豆などの大豆製品やホウレンソウにたくさん含まれていますよ。

カリウムには、利尿作用っていうのがあるんですね。

利尿作用っていうのは、おしっこをたくさん出す作用のこと。

おしっこをたくさん出すと、2つのいいことがあるんですよ。

水分をたくさん出すことと、それといっしょに塩分もいっしょに体の外に出してくれることです。

カフェインにも利尿作用がありますので、緑茶やコーヒーもおすすめですね。」

おしっこがたくさん出るようになれば、水分も塩分もたくさん出ていくから、むくみの改善につながるというワケですね。

でも、仕事によってはトイレに頻繁に行けない人もいると思うんですけど・・・

下半身にもある心臓って?

「実は、食べ物だけで、むくみを解消するのは難しいんですよ。

脚の水分を循環させるためには、心臓の働きだけでは不十分なんですが・・・

実は、下半身には第二の心臓と呼ばれるものがあるんですね。

それは、ふくらはぎや太ももの筋肉なんです。

脚の筋肉が縮んだり伸びたりすることがポンプのような働きをして、脚の水分を上半身へ汲み上げてくれるんですよ。」

つまり、脚の筋肉が衰えてしまうと、ポンプ機能が弱くなってむくみやすくなってしまうんですね。

美脚の作り方

「いくら利尿作用を高めても、水分を上半身へ運べないと、むくみは治らないですから・・・

脚の筋肉を鍛えることは、とっても大切なんです。

ですから、スクワットやランジなどの筋トレは、とても効果的。

ただ、女性の場合は、大腿四頭筋(太ももの表側の筋肉)を鍛えてしまうと、今度は筋肉太りしてしまうんですね。

そうならないためには、太ももの表側を鍛えないようにしつつ、裏側だけを鍛えるのが理想的です。

例えば、うつぶせからのシングル・レッグ・エクステンションは、太ももの裏側のハムストリングスという筋肉を鍛えるのに効果的ですよ。」

※シングル・レッグ・エクステンションのやり方

  1. うつぶせに寝る
  2. 左脚を持ち上げる。このとき、膝が曲がらないようにする。
  3. 左脚をおろして、今度は右脚を同じ要領で持ち上げる。
  4. この繰り返し。なるべくゆっくりやる。

筋トレは苦手だけど、これならできそう。

腰にけっこう負担がかかるから、腰の悪い人は注意したほうがいいかも。

 

 

 

 

 

 - 下半身痩せ