えごま油ダイエットをしたら中性脂肪が増えてしまった謎!?やっぱり油は油なのか

      2016/10/18

%e3%81%88%e3%81%94%e3%81%be%e6%b2%b9%e3%81%a7%e4%b8%ad%e6%80%a7%e8%84%82%e8%82%aa%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e3%81%9f

えごま油や亜麻仁油は、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれるということで、人気ですが・・・

実は、逆に中性脂肪が増えてしまうケースがあると言います。

どういうことでしょうか。

危険なえごま油とは?

管理栄養士の高橋さんに聞いてみました。

えごま油の健康効果

えごま油って何ですか?

「エゴマは、青じその仲間で、その種を絞って油をとることができるんです。

えごま油には、αリノレン酸という脂肪酸がいっぱい含まれているんですが・・・

このαリノレン酸には、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる効果があるんですよ。

えごま油ほどαリノレン酸が豊富に含まれている食用油は、ほかには見当たりませんね。

ですから、テレビ番組などでも、その健康効果がたびたび紹介されて、爆発的にヒットしているんです。」

なるほど、えごま油って貴重なんですね。

ではなぜ、えごま油で中性脂肪が増えてしまったんでしょうか。

えごま油の盲点

「αリノレン酸っていうのは不飽和脂肪酸なんですが、実は熱にとっても弱いんですね。

熱を加えると酸化してしまうんです。

酸化してしまった脂肪酸は過酸化脂肪酸と呼ばれ、中性脂肪やコレステロールを減らすどころか、ガンや老化の原因にも・・・。

また、日光や高温にさらしておくのもNGですね。

それから、安物の中には混ぜ物がしてある偽物もあるようなので、注意が必要ですよ。」

なるほど、えごま油を選ぶときには、ちゃんとしたのを選ばないといけないわけですね。

でも、どうすればいいんでしょうか?

中性脂肪を落とすならもっと手っ取り早い方法がある

「実は、エゴマ油が本物かどうか、流通過程でちゃんと保管されてきたかどうかは、メーカーの良心に頼るしかないので・・・

実のところ、見分けようがないんですね。

粗悪品だと、まったく逆の効果になってしまうのではある意味リスクが高いと私は思っていますよ。

中性脂肪を落としたいだけなら、もっとリスクが少なく、安上がりで、確実な方法がありますけどね。」

エゴマ油がそんなに危険だとは知らなかった。

ところで、もっと安全な方法って?

中性脂肪を減らす、えごま油より優れた食品とは

「中性脂肪を減らしたいなら、食物繊維をとることですよ。

食物繊維は、お腹の中で食べた脂肪分を吸い取ってくれるんです。

食物繊維っていうのは、消化されないで腸内細菌のエサになり、それでも余った分は排泄されますから・・・

食物繊維に吸い取られた脂肪分っていうのは、人の体内には吸収されないんですね。

つまり、その分は食べなかったことにしてくれるんですよ。

毎食、最低でも6gの食物繊維をとるのが理想的ですね。」

確かに、食物繊維の方がエゴマ油より確実で安全ですね。

でも、6gというと納豆を毎食2パック食べなければならず、かなり厳しいかもしれません。


 

 - 糖質スローオン, 脂質制限, 腸活ダイエット