セルライトは運動することで改善できるの?

      2016/10/06

%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%81%99%e3%82%8c%e3%81%b0%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%92%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%ae

「セルライトは、適切な運動をすることで落とせるよ」っていう人いるよね。

確かに、予防には効果的だと思うけど。

できてしまったセルライトを運動で消すなんて、ホントにできるの?

セルライトは運動だけで落とせる?

ヨガやピラティスのインストラクターをやっている吉田さんに聞いてみた。

「セルライトの始まりは、脂肪細胞が大きくなってしまうことです。

脂肪の摂りすぎや不摂生によって、脂肪がどんどん取り込まれて大きくなってしまうのです。

この時点なら、運動で脂肪を燃焼すれば、元に戻るでしょう。

しかし、セルライトになってしまった脂肪細胞は、運動では元に戻りません。

セルライトの凸凹は、コラーゲン繊維が異常な状態で絡みついてしまったものなんです。」

え? セルライトって脂肪だけじゃないんだ。

でも、どうして運動ではなくせないのかな?

セルライトの脂肪が燃焼されない!?

「運動すると、脂肪細胞に溜めこまれた脂肪が脂肪酸グリセリンに分解されます。

この脂肪酸とグリセリンが、血流にのって筋肉に運ばれて、エネルギー源として使われるんですね。

これが、脂肪の燃焼というわけ。

ところが、セルライトの脂肪細胞では、まず分解がうまくいきません。

セルライトでは、脂肪細胞が肥大化していて、血流が悪くなってしまっています。

太った脂肪細胞が、血管を圧迫して、血の巡りが悪くなっているんですね。

脂肪の分解には、『脂肪を分解させる酵素』が脂肪細胞にうまく届かなければならないのですが・・・

血流が悪く、これが届かない。

また、分解できたとしても、血流が悪いので、分解された脂肪酸とグリセリンがうまく血流にのって筋肉までたどり着けないんです。」

なんということでしょう。

いくら運動しても、セルライトの脂肪は燃焼されないということだ。

じゃあ、運動は意味がないのだろうか?

運動する意味と必要性

「そんなことはありませんよ。

もともと、セルライトは脂肪を溜めこんでしまったことが原因。

それ以上、脂肪をためこまないために、運動は予防的な効果があります。

セルライト予防には、皮下脂肪を燃焼させる運動、つまり、有酸素運動が有効ですね。

例えば、帰りの電車で降りる駅を1つ前にして、早足で歩く。

テレビを見ながら、スクワットを軽くやってみる。

そんな感じで、無理せずに続けることが大事ですね。」

なるほど、毎日1時間ウォーキングとか、スクワット毎日100回とか決めてしまうとうんざりだけど。

ちょっとした空き時間に、ながら運動するのなら、続けられそうだ。

じゃあ、できてしまったセルライトをなくすにはどうすればいいのだろう?

セルライトを消す最も効果的な方法

「セルライトを除去するには、マッサージが有効です。

ですが、素人が適当にマッサージすると、かえって悪化させてしまうことも・・・。

セルライトは消えないなんて人もいますが、そんなことはないので、悩んでいないで専門家を頼るのが早道ですよ。」

ええ!? マッサージってそんなに難しいの?

適当に潰してたらヤバいの?

続く↓

 - セルライトをなくす