セルライトはつぶすと逆に巨大化する?どのようにマッサージすればいいの??

      2016/10/06

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%af%e6%bd%b0%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e3%83%80%e3%83%a1

セルライトは、潰すと除去できると思っていませんか?

実は、つぶし方を間違えると大変なことに・・・。

間違った方法でセルライトを潰そうとすると、かえってセルライトが大きくなってしまうんです。

正しいセルライトの潰し方とは?

セルライトを潰すとどうなるの?

皮膚科医の野村さんに聞いてみた。

「セルライトを潰すように、皮膚を強く圧迫し続けると、セルライトだけではなくほかの部分も痛めてしまいます。

皮膚の組織とか、血管とか、神経とかを傷つけてしまうんですね。

それ自体は、すぐに修復されるから問題ないのですが、修復の副産物が問題なんです。

修復されるとき、セルライトがつぶす前よりもっと大きくなってしまうんですよ。

ほら、けがをすると皮膚がもりあがって跡がのこることがあるでしょ?

注射のあとも、跡がのこることがありますよね。

ああいうイメージです。」

なんだよ、誰だよつぶした方がいいっていった奴は。

一生懸命やってひどくなったらバカみたいじゃん。

でも、エステなんかでも強めなマッサージしてるよね?

これもだめなの?

ハーゲンダッツとセルライト

「エステ・サロンだと、マッサージする前にちゃんと前準備してくれるんですよね。

セルライトは脂肪ですが、脂肪は温めたりして柔らかく溶かすことができます。

例えば、ハーゲンダッツも主成分は脂肪ですが、冷凍庫から出したてのハーゲンダッツは硬くて、スプーンが通らない。

だけど、温めると溶けて柔らかくなりますよね。

セルライトも同じで、エステではRF(ラジオ波)とかキャビテーション(超音波)で柔らかく溶かしてから、マッサージで揉みだすんです。」

なるほど、凍ったハーゲンダッツが肌の中に入っていたら、その上から潰そうとしたらとっても痛くて怪我をする。

だけど、溶けたハーゲンダッツなら痛くもなんともないというわけか。

では、家ではどうすればいいんだろうか。

自宅で安全にセルライトを除去する方法はないの?

「例えば、お風呂あがりとか、湯たんぽのようなもので温めてから、マッサージすると多少はいいと思います。

有酸素運動したあとでもいいですね。

ですが、これらの方法は間接的にしかセルライトをあたためられない。

だから、あまり溶けないし柔らかくならないんですよね。

エステで使うキャビテーションのようなマシンなら、直接セルライトに届いて溶かすので、より安全性が高いといえるでしょう。」

なるほど、エステなら高性能な最新マシンで、効率的にセルライトを溶かしてくれるというわけだ。

セルライトは、下半身太りの原因だし、むくみやすくなるから、効率的になおしたいものですね。

 - セルライトをなくす