【セルライトの取り方】自分でマッサージしてなくせるものなの?

      2016/10/11

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%af%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%a7%e6%b6%88%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%ae

セルライトは、自分でマッサージしたり潰したりすれば、簡単に落とせるって思っていませんか?

それ実は、NGなんです。

間違った方法でやると、かえってセルライトが悪化してしまうことも。

セルライトをなくす正しいマッサージ方法は?

セルライトをいきなり揉むのはダメ

佐々木さん(22歳女性、仮名)によると、セルライトを除去するにはマッサージの手順が大事だという。

「わたしもセルライトに悩んでいました。

でも、正しい手順でケアするようにしたら、ちゃんと自分で治すことができましたよ。

いきなりマッサージしてもダメ。

セルライトの実態は、固まった脂肪です。

脂肪は、マッサージしても溶けますが、硬いうちに揉みだそうとすると、周囲の皮下組織にダメージを与えてしまう。

これをやってしまうと、かえってセルライトが悪化してしまいますね。」

氷を踏むと痛いけど、水は踏んでも痛くないよね。

セルライトも、固形の脂肪を皮膚の上から揉んでしまうと、周りを傷つけてしまうんですね。

じゃあ、セルライトをなくすにはどうすればいいんだろうか。

バターは温めれればやわらかくなる

「温めることです。

バターは個体で、冷蔵庫から出した直後は硬くてナイフも通りづらいですよね。

だけど、熱いトーストの上にのせると簡単に溶けるでしょ。

セルライトも同じなんです。

わたしは、入浴したあととか、湯たんぽなどで温めてから、マッサージしていますね。」

なるほど、入浴後にマッサージするとよさそうだ。

個人的には、入浴後は疲れて、毎日マッサージするなんて勘弁って感じだけど。

湯たんぽのほうが、セルライトをピンポイントで温められるからいいかな。

だけど、夏場は暑くて我慢大会だよね。

ところで、毎日マッサージをどれくらいの期間続ければ、セルライトをなくすことができるんだろうか。

セルライトなんて自分で除去できるのに、なんでエステへ行くのか

「あんまり、大きな声ではいえないんですけど、3年かかりました。

やっぱり、自分でやるのは効率が悪いんです。

エステだと、高そうな最新のマシンを使ってくれるでしょ。

自宅では、あんなの買えませんからね。

それに、マッサージも自分でやるのはなかなか難しいんですよ。

私も、なんども失敗して、青あざを作ったりしてしまいました。」

なるほど、自分でセルライトを除去するって、大変なんだね。

エステへ通ったほうが圧倒的にラクだから、お金を払ってでもみんなエステへ通うんだな。

じゃあ、エステへ行くとして、どのエステに行けばいいんだろうか。

安売りエステで満身創痍!?

柴田さん(28歳女性、仮名)は、エステ選びで失敗したのだとか。

「近くに安いエステがあって、セルライトをなくしてくれると宣伝していたので、通ったことがありました。

マッサージがとてつもなく痛くて、痛いんですけどって聞いたら、効いてる証拠だというんです。

我慢して終わった後見てみると、内出血してるじゃないですか。

ちょっと、青くなっちゃってるじゃないって文句いったら、セルライトが溶けて青くなっているのだというんですよ。

もちろん、そんなの嘘で、青あざが1週間以上も残りました。

歩く時にも痛くて、大変でしたね。

10回分支払ってしまっていましたが、もう二度とそこへは行きませんでしたよ。」

エステも、ちゃんと選ばないとひどい目にあうということだね。

高額な契約をする前に、しっかりチェックすることが大切なのだ。

 - セルライトをなくす