セルライトの原因ってなに?どうして凸凹になっちゃったの??

      2016/10/05

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af

セルライトの原因は、生活の乱れが原因だといいます。

では、セルライトができてしまう生活の乱れとは、いったいなんなのでしょうか。

そして、セルライトをなくすにはどうするのが効果的なんでしょうか?

セルライトのはじまり

医者で、長年アンチエイジング医療に携わっている青木さんに聞いてみた。

「運動不足とか、脂肪の摂りすぎとか、糖質の摂りすぎなんかが原因ですね。

カロリー摂取量がカロリー消費量を上回ると、その分は脂肪として体に溜めこまれます。

特に女性は、脂肪を皮下脂肪組織にためこみやすいんです。

ですから、どんどん脂肪がたまっていって、脂肪細胞がどんどん大きくなってしまう。

これだけなら、だたのぽっちゃりさんですが、厄介なのはここからです。」

確かに、ただ太っているだけなら、運動とか食事管理で、セルライトは簡単になくせるよね。

だけど、セルライトはそんなに生易しくない。

なんで、セルライトはこんなに頑固なんだろう。

セルライトはただの脂肪ではない!?

「脂肪細胞は、肥大化するとなぜか『繊維芽細胞』というのに変化する性質があるんです。

繊維芽細胞っていうのは、お肌の奥のほうに普通にあるので、それ自体は問題ありません。

繊維芽細胞が、コラーゲンとかエラスチンとかヒアルロン酸とかを作ってくれて、弾力性のあるお肌を作ってくれるんですよ。

だったら、いいじゃないって思うでしょ?

でも、脂肪細胞が肥大化してると、繊維芽細胞はきれいな皮下組織を作れないんですよ。

例えていえば、10人のりのエレベーターに、痩せた人10人なら問題ないけど、相撲取り10人だとギュウギュウ詰めになってしまうイメージ。

隙間が少ないから、繊維芽細胞は均質な皮下組織を作れないんです。

そうなると、繊維芽細胞は脂肪細胞の間を縫うように、偏った皮下組織をつくるしかなくなる。

これが外からみると凸凹にみえるというわけです。」

セルライトは脂肪というより、コラーゲンとかでできているってことか!

コラーゲンは繊維だから、運動したりちょっとマッサージしたくらいでは、なかなか除去できないというわけだ。

じゃあ、どうすればいいのだろう?

セルライトを除去するには?

「セルライトは、ただの脂肪ではなくなっちゃってるんですね。

だから、一般的な脂肪をなくす方法では、セルライトはなくなりません。

脂肪が肥大化してギュウギュウ詰め状態なんで、運動したり食事制限するだけでは、セルライトの脂肪はびくともしない。

セルライトの除去方法としては、やはりマッサージが効果的。

ですが、マッサージを間違った方法で行ってしまうと、かえってセルライトを悪化させてしまうから、注意が必要ですよ。」

え? マッサージでセルライトが酷くなることもあるの?

なんで?

乱暴にしないで・・・

「セルライトを潰そうとして、乱暴にマッサージしてしまうと、周辺の皮下組織を傷つけてしまうんです。

繊維芽細胞には、傷を修復する役割もあるんですね。

だけど、傷ってなおったあとに膨らみができて跡が残ったりするじゃないですか。

皮下脂肪の修復も同じで、より太いコラーゲン繊維ができてしまい、セルライトがもっと大きくなってしまうんです。

だから、乱暴につぶしたりしたらダメ

もちろん、優しくなでているだけでも、セルライトはなくせない。

本当に厄介なんですよ。」

潰してもダメ。

撫でてるだけでもダメ。

じゃあ、どうすればいいのさ!?

セルライト除去のポイントはやっぱり脂肪

「セルライトは、『脂肪細胞とコラーゲン繊維が複雑にからみあったもの』といえますね。

ですから、まずは脂肪細胞を小さくし、そのうえで絡んだコラーゲン繊維が均質に戻るようにする必要があります。

ですが、脂肪細胞は、さきほども言った通り相撲取りがギュウギュウに『押しくらまんじゅう』をしている状態なんですよ。

ですから、運動とか食事制限とかしても、セルライトから脂肪が外に出ていくのは難しいんですね。

だから、まずはこの脂肪をなんとか外に出さなくてはならない。」

外から潰さないで、セルライトの脂肪を取り除く。

いったい、どうすればいいの?

正しい方法でしっかり撃退

「例えば、エステではキャビテーションという機械を使います。

超音波をセルライトに直接あてて、泡のチカラで脂肪細胞を壊すんです。

この方法だと、セルライトに直接働きかけることができるので、周辺の組織を傷つけることがないんですね。

あとは、エステでは、ラジオ波というのもよく使われますよ。

ラジオ波っていうのは、電波の一種なんですが、脂肪細胞に照射すると温度を上げることができます。

入浴なんかでは、せいぜい40℃くらいまでしか上げられませんが、ラジオ波なら60℃以上に上げることができるんですね。

体内の脂肪っていうのは、牛脂のように固まっているので、温めることで液体にして、体外への排出をしやすくすることができるんです。」

エステでは、脂肪細胞を効果的に溶かしだしてから、マッサージで体外に流しだしているんだね。

間違った方法を続けていると、どんどんセルライトが酷くなってヤバいことに。

正しい方法で、しっかり治したいものです。

 

 

 

 - セルライトをなくす